FC2ブログ

勢いあまってバター!!

どしゃんこ系詩人「かめきゅい」が、思うことをだらだらと。大切なものをとにかく“ぎゅっ”と包み込みたくて。


UPIさんからのコメントの返事代わりに、
金原ひとみと綿矢りさについて書きます。

金原ひとみの本では「アッシュベイビー」を以前読みました。
そして今回、綿矢りさの「インストール」を読みました。

ま、蛇にピアスも蹴りたい背中も読んでいないところが俺らしいというか。
ま、たまたまなんですが。

そんなわけでこんにちは。かめきゅいです。


金原ひとみの「アッシュベイビー」の感想としては、
物凄い勢いで単語を延々と羅列していく表現が慣れるまで読みにくいんだけど、でもだんだんリズムが出るし、すらすら読めてくるし、物考えている時ってどんどん思考が先に行っちゃうから、まあ、たしかに自分でも考える時そうなってるし、その方がこの主人公の感情がダイレクトに伝わってくるし、ダイレクトだから痛いし、てゆーか痛いというよりグロいんだけど、グロいのは基本的にあんまり好きじゃないんだけど、でもそういうのに惹かれるのわかるし、それも人間の一面だし、素直に人間を表現した結果ゆえなんだろうし、でも普通の人は書けないなって思うし、普通じゃないから面白いんだろうし、でも赤ん坊はどうかと思うし、登場人物みんなあんなだし、普通の人出てこないし、てゆーか実際普通って何かわかんないんだけど、普通の人なんて居ないのかもしれないんだけど、でもそんな風にグロいキモイ人間を等身大で書いているって感じは好き嫌い分かれると思うし、そんな人間を良いとも悪いとも言ってない感じがダメな人はダメだろうし、読むに耐えないって人も居ると思うけど、僕だってグロい部分持ってるしキモイ部分持ってるし、そういうの受け入れる自分と拒絶する自分とをひっくるめて自分だと思うし、そうやって考えさせられるって意味では金原ひとみ凄いなあと思う。


一方の綿矢りさの「インストール」は、
フツーの女子高生がフツーに考えていることを書いたって感じ。
ああ、イマドキの女子高生は、
(イマドキに限らずいつの時代でもかもしれないが)
多かれ少なかれだいたいこんなことを思うだろうなーっていう。

なんでもいいから有名になりたい、個性的でありたい。
やりたいことはないけれど、みんなと同じは嫌だ。
とか、そんな感じの。

設定としてはそれほど普通にある話では無いのかもしれないし、
この女子高生の行動なんかはあまり普通とは言えないかもしれない。

しかし、けれども、普通の話だと僕は感じたのだ。
はっきり言うと、ちょっとフツーすぎて物足りなくも感じた。

ただ、だから良くなかったと言ってるんじゃない。
かなり好きだ。

なぜなら、きっと、綿矢りさはそのフツーさをあえて狙ったのだと思うからだ。

例えば、僕の読書後の感想なのだが、
物語を読み終わって残ったものは、前までと変わらない僕だった。
ああっ、主人公と自分がまさに重なっているではないかっ。
そう、綿矢りさの小説は、読む人の心に正しく寄り添ってくるのだ。
これはたしかに、優等生かもしれない。

そんな小説を書ける綿矢りさを、僕は凄いと思った。
そんなフツーさを狙った小説を書けるなんて、凄い。

きっと綿矢りさ本人は、
まさにこの主人公のようなことを思っていた女子高生だったのだろう。

それだけに、その思いを小説という形であれほどさらけ出せるということを、
僕は凄いと思ったのだ。
自分が普通であることを主張するなんて、なかなかできることじゃない。

例えば僕は、どうしても“自分の人とは違う部分”を文章にしたいと思ってしまう。
当然だろう、自分を人に伝えるための一つの方法が文章を書くことなのだ。
自分の個性を表現したいと思う。

けれど「インストール」の中では、作者の分身とも言える主人公が、
個性が無いことを嘆き、そして個性が無いと自分で認めたまま(別に認めてはいないかもしれないが)で話が終わるのだ。

これは、凄いことだと思う。

綿矢りさは、
誰もが思っているけれど誰もがストレートには書きにくかったことを、
あえて狙って書いたのではないだろうか。

つまり、自分に個性が無いことをさらけ出せるという個性。
それこそが綿矢りさの才能なのかもしれない。

……と、自分でもわけがわからんけれど、
評論家みたいにそれっぽいことをなんとなく決め付けて書いてみました。


前の記事では、
綿矢りさはこの話をすらすらっと書いたような気がすると言っておきながら……
いや、だから、実際にはすらすらっと書けるもんじゃないんだぞと思って。

……とにかく、綿矢りさも凄いと思った。




――と、金原ひとみと綿矢りさに関して僕が思うところを好き勝手に書いてみました。
長くなりすぎた。反省。

シンプルに僕の好みで言えば、
金原ひとみの書く小説は内容的にはちょっと勘弁な部類に入るのですが、
それなりに面白く読めました。
綿矢りさもそれなりに面白く読めました。
っつーわけで、どちらも凄いってことには変わりませんわな。

あと、シンプルに僕の好みで言えば、断然、りさたんの方です。


そんなわけで「蛇とピアス」「蹴りたい背中」
文庫本が出たら買って読んでみようかと思います。

スポンサーサイト



←人気blogランキングに参加してます

しゃらくせぇ
お、俺はそんな簡単にあんたのことなんか好きにならないかんな!ちくしょう

と、言いたい。
綿矢りさに、言いたい。



遅ればせながら「インストール」を読んだ。

今日、学校行って実験しなきゃまずいっつってるのに朝寝坊しちゃって、予定より2時間も遅刻しちゃったらもう3時間遅刻するのも一緒だべさって気分になって、コタツの上に買ったままの状態で無造作に置かれていた文庫本を手にとって読み始めてしまったのだ。

で、ほんの小一時間程度のつもりが二時間も読み耽ってしまい、
先ほど12時に「インストール」を読み終えた。



午前中一杯活動できなかったという点はまあ仕方ないとして、
僕としては、

今日が資源ゴミの日だったのに出し忘れていたことがショックです。


目覚めた時点できっと収集車は行ってしまわれた後だったので、
インストールとは関係ありませんが。

資源ゴミの日である、火曜日の朝。なかなか起きられません。

先週の火曜日も忘れました。
ゴミ袋3つ分の、缶、ペットボトル、ビニール類等資源ゴミ。
来週こそは忘れずに出さなくては。



と、僕の部屋にはゴミが溜まっています宣言はまあどうでも良いとして、
インストールに関して。


どうにもね、最近流行の小説ってのは、すらすらっと読めてしまう。
文章一文一文を取ってみるとわかりにくいように感じるのだが、すらすらっと読めてしまい、その情景がすっと浮かんでくる。なんだろうね。

やっぱ、説明しすぎですかね、僕の書く文章は。
もっとテキトウでも読み手は理解してくれますかね。


とにかく、なんかすらすらっと読めるせいか、
書き手の方もすらすらっと書いちゃってる気がして、
そんなすらすらっと書いたもので俺がこんなに楽しませられたってことが、
なんか悔しいって気がして、

ちくしょう、綿矢め、といった気分になっているのです。


そんな僕の気持ち、わからないかな。
へんっ、わからなくてもいいよーだ。



そんなわけで、そんな簡単にあんたのこと好きにならねーよって、言ってやりたい。
で、
「別に、いいわよ。好きになってくれなくて」なんて無表情で言ってもらいたい。
そしたら、きっと俺すげー興奮する。
←人気blogランキングに参加してます