FC2ブログ

勢いあまってバター!!

どしゃんこ系詩人「かめきゅい」が、思うことをだらだらと。大切なものをとにかく“ぎゅっ”と包み込みたくて。


チャンッチャチャンチャンチャチャンチャチャンチャン
エンタで小梅太夫を見ましたら~
メロディーが頭から離れませ~ん。チックッショーッ!!



「ノルウェイの森」を読みました。村上春樹の。
24歳、かめきゅいです。

5,6年前に読んだとしたら、きっと感想はすごく違ったものになったでしょうね。
面白かったですが、心震わせられるというほどじゃなかったかな。
なんというか、そういう時期は過ぎたなーっていう印象を受けた。

「そういう時期」ってのがつまりどういう時期なのかって聞かれると上手く説明できないし、年齢とかに関係なく人生において常に流れつづける変わらないことだと思える部分、そういうメッセージもこの小説には含まれているんだけれど。
上手く言葉にならないのだけれど、なんというか、この小説の中に生きている登場人物――特に主人公や、キズキや、直子――が感じていること、抱えている悩みとか可能性とか感性とか……そういった感覚にはもう共感できないかなと思ってしまった。かつて自分も持っていたのだけれど、今はもう忘れてしまっていて。

つまり、ここで書かれていることは僕にとってはもうすでに過ぎてしまったことなのかもしれない。
例えば、「あらゆる物事を深刻に考えすぎないようにすること、あらゆる物事と自分との間にしかるべき距離を置くこと――」
それはたしかに、僕の基本スタンスと重なる。
完璧には一致しないけれど。


僕は、自分が狂ってしまうことを恐れていた。
いつか本当におかしくなってしまうような気がしていた。
だから、そうならないように、力を抜いた。
なんとなく生きていれば、死にたいと思うこともなくなった。


「ノルウェイの森」を読んで心に響いたこと
『僕も毎朝僕自身のねじを巻いています』というフレーズ。
その日一日をちゃんと生きていくために、ねじを巻く。
たしかに、ねじを巻かなきゃちゃんと生きてはいけないかもしれないと、僕は思った。

僕は、ちゃんと生きてはいないな。
これから先、僕は、まずねじを巻くことから始めなくてはいけない。

力を抜くということは、ちゃんと生きることを諦めるということとは違う。
それは、そうなのかもしれないなと、この小説を読んで思った。
スポンサーサイト
←人気blogランキングに参加してます


「バターしょうゆカツオ風味パスタ」
を美味しくいただきました。ちょっと元気出てきたぞー。

この記事を書いたら学校へ行って実験をします。うおう、もう4時。

かめきゅいです。


ところでさ、喫茶店なんかに行った時にね、
砂糖が置いてあったりするじゃない。

僕、そういうのたまに非常食として持ち帰ります。


いくつか、そう、3つくらいね。ポケットの中に。
持ってかえって、お腹が空いたときに、ちょっと食べたい。

角砂糖だったりしたらなおさらね。
もちろん、一つ一つ包まれているやつ。

嬉しいよね。そーいうのポケットに入ってると。

たいていは、上着のポケットに入れる。
ジーンズのポケットには財布とか携帯電話が入ってるし。

でもさ、夏場は上着着てないからポケットが無いじゃない。
残念だよね。
カバンの中に入れて持ち帰った砂糖は、その存在を忘れてしまって意味がない。
やっぱり着ている服のポケットに入れていたい。

ポケットの中に砂糖の存在を感じていると、幸せだよね。


冬になると、ポケットがたくさんついたジャンパーを着る。
そのポケットには、たくさんの角砂糖が。

ちょうど非常食が必要なのは寒い時期だから、ピッタリだし。


そういうこと考えてると、嬉しくって、ドキドキするよね。
←人気blogランキングに参加してます
目ぇつむれっちゃ。byまさみ

こんにちは。
かめきゅいです。

朝の連続テレビ小説「風のハルカ」
昨日、今日の30分くらいしか見てないけど、面白い。

目ぇつむれっちゃ。
好いとっちょう。

まさみのダメさ加減が良いね。
酔っ払ってキスしちゃうとこがいいね。

結局は松岡くんとヒロインがくっつく気がするのだが。


けっこう好きなタレントさんが出てるので、これから毎朝見るかもです。
ええ、毎朝起きることができるかどうかですが。
毎朝ドラマ見るために起きて、で、ちゃんと学校に行きたい。
これから修士論文を本気で書いていかないといけないですからね。
頑張りましょう。


それから、よるドラの相武紗季にも注目です。
イェイ。


ところで、お腹が空いて力が出ないからね。
パスタでも茹でようか。ね、そうしよう。
得意の簡単パスタを作ってみようかね。
←人気blogランキングに参加してます
直感2~逃した魚は大きいぞ~

はーい、みんな。聴いてみなさい。
モーニング娘。の新曲であります。

……なんだこれ。
ある意味で今シーズン一番の衝撃。

かめきゅいです。


モーニング娘。流れでもう一つ。
深夜ね、モー娘の番組やってたんだけどさ。
それでね、「どすこい!後藤部屋」っていうコーナーをやっていたのね。

モー娘。メンバーが力士の格好でさ、
イス取りゲームをするというコーナー。

個人的な感想を言うと、田中れいなが意外と可愛いと思ったんだけど。

そんなことはどうでも良くて、問題なのは、異常に面白かったということ。
なんだろう、見ていて悔しくなるくらいに面白かった。

まあ、後藤がさ、親方役で、「ごっつぁんです」って言う辺りまでは想定の範囲内。
イス取りゲームの後、解説で今の決まり手は?と問われた後藤が、
「しり出しですね」「しり倒しでしょう」「今のはうっかりですね」「しり送りです」
などと決まり手を説明しているのに思わず笑ってしまった。

で、みんな本当に楽しそうにゲームしてるの。
ああ、こいつら楽しんでるなーって。そんなこと思って。

なんだろう、なんか、微笑ましいバラエティ番組って、新鮮で良い。





……と、モーニング娘。が好きだ、なんて話をするのはどうでしょうか。
いや、でも、好きですよ。

例えば僕は、
見当違いな方向に歩き出す観光客を見ると笑ってしまいます。
そういうのを遠めから眺めることが好きなんです。
つまり、もしかしたら、そういうことなのかもしれません。

モーニング娘。が好きです。

←人気blogランキングに参加してます