勢いあまってバター!!

どしゃんこ系詩人「かめきゅい」が、思うことをだらだらと。大切なものをとにかく“ぎゅっ”と包み込みたくて。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←人気blogランキングに参加してます
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

どーもこんにちは。

脳に蛆が湧いて死んじゃえばいいのに。
というツキミちゃんの言葉を思い出して、
自分の脳に蛆が湧いている様を想像して気持ち悪くなりました。


かめきゅいです。


そんなわけで週刊少年ジャンプレビュー!

ひっさしぶりー!!


・アイシ
ここんところまじで面白い。
最強の敵アゴンとの戦い。今回は雲水の思いが描かれていて、ああ、やっぱすげえ強ぇー。
泥門にチャンスはあるか……。うん、セナが高みに行けるかどうかなんだろうな。

・ワンピ
うおお、ナミがつえぇ。
クリマタクトを完全に使いこなして、敵を圧倒する。頭を使った戦い方がナミらしくて良いね。
しかし、チョッパーさんボロボロっすよ!?心配だー!

・エムゼロ
連載3回目。
いや、この勢いは叶さんらしいね。
こっぱずかしくて、最初はえーって思っちゃうんだけど、だんだん魅力にはまっちゃうのさ。けっこう好き。

・トラブル
連載4回目。
いやあ、定番だね。
主人公が以前から思いを寄せている子は、ひそかに主人公のことを思っていて、でも、トラブルメーカーのヒロインが割って入ってきたせいで、一筋縄では行かない!少年漫画、3角関係ラブコメの王道!
しかも、もちろん、ヒロインは転入してくるしね!学園ラブコメの王道!
いやあ、けっこう好き。

・メゾン・ド・ペンギン
ハイあなた洋ナシ。パパイヤもあるよ。
ベタだけど、大好き。2回使うところも、大好き。
でもさー、ツンエロ委員長がすげえな。笑ったけど、少年誌ですごすぎる下ネタだ。

・謎の村雨くん
いとうみきお先生の話が大好きです。
特に天然ボケな女性キャラが。
隕石まで落としちゃうのか?どうなることやら!ワクワク。
っつーか、でも、ここからどっちに話が行くのかなあ……。

・モテ王
あ、やばい面白い。
いちいちヤイコのリアクションも面白いし、宏海の鈍感さも面白い。
ドタバタコメディーで全体にジョジョ色。
考えてみると不思議な……。

・タカヤ
おつかれさまー。

スポンサーサイト
←人気blogランキングに参加してます

ゲーム日記を書いてみます。

コメント欄にやたら長いこと書いてしまっているので、じゃ、本文で書けよ、みたいな。


FF12はバトルで頭を使わなきゃだめみたい。
かめきゅいです。


まずFF12の難しい点は、初めからキャラクターごとにタイプが決まっているわけでは無いということですよね。

あんまり良く見てないので、実はキャラごとに微妙に能力違ったらごめんなさい。でも、やってる感じだと、同じライセンスで同じ装備で同じレベルだったら、同じ能力になりそうな気がするんだけど……。

ま、とにかく、自由に育てられるのね。
例えば、全員に剣を装備させたり(騎士団風)、全員が杖持ってたり(魔導師軍団)。

まあ、いろんな敵と戦うこと考えたら、役割分担させた方が絶対良いのですけど。


武器の種類ごとにいろいろ特徴があるので、それを上手く利用して戦うのが良い。
装甲の固い敵には銃が有利だったり、ぶよぶよしてて打撃が効かない敵には黒魔法。

あと、やたら群れてる敵にも広範囲に効く魔法が良い。


そんなことを考えながら、じゃ、勇者と戦士と魔法使いと賢者と……っていう従来(?)のパーティー編成で特化させていこうと思ったら、なんかそれじゃあなかなか上手くいかないのね。
打撃有効な敵に黒魔法しか使えないキャラが挑んでも意味が無いし。


つまり、いろいろな種類の敵と戦う以上、ある程度の専門性を持ちつつも幅広い戦い方ができるキャラクターを育てていく必要がある。

歌って踊れて演技もできるバラエティアイドル。みたいな。

直接攻撃もできる賢者。
弓をひゅんひゅん打ってくる黒魔法使い。
補助魔法得意な味方に優しい剣士。

そんな特徴のあるキャラクターを育てて、うまくパーティーを組むことが後々のバトルを楽に戦うためのコツなんじゃないかなあと思います。


で、実際にどうやって育てていくかということなんですけどね。

基本的にはベースになっている力はキャラクターごとに違いはない。(たぶん)
じゃあ、どうやって特徴をつけるかというと、「装備」と「ライセンス」なんですよ。


まずは装備によって何の能力を伸ばすかってことを考える。
当然といっちゃ当然ですけど。

防具は3系統に分かれていて、防御重視、魔法防御重視、体力重視って感じ。これはまあ、好みでどれか一つを育てていけば良いと思う。
いや、っつーかこれが一番わかりやすく打撃メインのキャラか魔法重視のキャラかって特徴つけられる方法なので、普通は、遠距離攻撃の人は魔法防御重視って感じで伸ばしてくが良いんだけど。

ただ、時に他のステータスにも効果がある(スピードの上がる帽子とか……)防具もあるので、それはその能力が必要なキャラクターに装備させたいけどね。

武器も、例えば黒魔法使いがハンマーで戦ってたりしたら違和感があるし、武器によっては攻撃力以外の能力があがるから、特徴に合わせた武器を育てていく。例えば杖を装備したら魔力が上がったりとかするとかがあるからね。

武器が能力を上げるのとは逆に、能力が高いから使える武器っていうのもある。魔力が強ければメイスでの打撃力が上がったりとか。
まあそういう武器はけっこう後半になってからじゃないと出てこなかったりするんだけど。

ま、そんな風に武器ごとに特徴があるから、攻撃力だけを見て決めるんじゃなく、それ以外の特徴を考えて装備させるのが面白い。


それから、ライセンスによって育てるということ。
単純に黒魔法を覚えさせるか白魔法を覚えさせるかとかで基本的な特徴が分かれるよね。

けど、それだけじゃあ専門性を育てるってことにはならない。
HP、ちから(攻撃)、魔力は「オプション」っていうカテゴリのライセンスで上げられるので、それを取っていくことで、キャラクターの専門性が出てくる。

序盤は黒魔法の必要性が感じられないし、すぐにMPが無くなるから黒魔法使いは育て難い。
でも、MPチャージ系のライセンスをある程度取ったりすることで黒魔法を使ってもMPが減りにくくなったりする。

そんな感じで、基本的には育てる能力を考えて、それに向かってライセンスを取っていくっていうのが良いと思う。
まあ、LPはけっこう余裕があると思うから、いろいろ試しながら育てていけばいいんだけどね。


とか、とか、とか、他にもいろいろ考えることはあるんだけど。



……と、そんな感じで考えながら育てていくのがFF12の難しさであるし、楽しさでもあると思う。

ちなみに俺もまだクリアしてないし、っつーか、たぶんまだ中盤だと思うので。(今現在、けっこうゆっくり進めながらで36時間くらい)これから育てていくなかで、また新しくわかることもあるはずですよね。

ちなみに俺の育てているキャラクターの中では、パンネロが一番特徴的なキャラになってくれてます。
メイス装備の魔力上げまくりっていう、
「真っ先に敵に飛び込んで行って殴りかかる賢者」というタイプ。
メイスは魔力が高いほど直接攻撃の値も大きくなるから、けっこう有効なんすね。まあでも、味方なんかが疲れてきたら真っ先に回復してくれるのもこの子だから。ちゃんと賢者の仕事はしてくれる。

あと、バルフレアは銃を撃ちまくる人で、バッシュは斧を振り回す人。
この二人には回復なんかはあまりさせないで、とにかく攻撃しまくってもらってる。

ヴァンとアーシェは相手によって臨機応変に動くタイプで、典型的な勇者。
剣で切りーの、黒魔法打ちーの、回復しーの、トツギーノ。(R-1グランプリ風)
ヴァンの方が攻撃重視で、アーシェの方がやや回復重視って感じかな。

フランは遠目から弓をひゅんひゅんやる黒魔法使い。
味方が疲れてたら回復もしてくれる。


と、そんな感じのイメージでやってます。
男3人でバトルしてる時は、回復忘れて危なくなることもしばしばなんですけどね。

結局、支えてくれる女の子がいないとダメな男たち。けっこう気に入ってたりします。
←人気blogランキングに参加してます

世界一ですよ!!
WBC、王ジャパンが世界一ですよ!


めちゃめちゃ緊張しながら見てました。
終盤のキューバの追い上げ。まじで怖かったですよ。


でもね、9回表の、あの川崎のクロスプレー!!
右手!右手滑り込ませた!!

あの瞬間はもう、鳥肌立ちましたよ。

川崎だからっていうのもあった。
川崎のエラーからキューバの追い上げを許したってこともあるし、川崎に頑張ってもらいたかった。

その川崎が、イチローのヒットで、
ちょっと難しいタイミングでホームにつっこんで、
それで、キャッチャーのブロックをかきわけて……。

欲しかった一点をもぎとった、ナイスプレーでしたよ。
結果を見ればそれほど大きな点じゃなかったように見えるけれど、このプレーが勝利に繋がったと思います。
ニュースでは流れないかもしれないけど、川崎サイコー。


そして、大会のMVPは松坂。
確かに投手陣は良かった。
上原も渡辺も。
失点が少なかったことが、日本の優勝に結びついたと思う。


けど、大会を通して一人のヒーローがいたわけじゃない。
全員で勝ち取った優勝。

それが、とても日本らしくて、野球っぽくて、最高でした。
おめでとうございます。

楽しませてくれてありがとう!



っつーわけでこんにちは。
かめきゅいです。



そんなわけで野球が熱い。

我らが日ハムの小笠原も、決勝では犠牲フライを2本打ちましたね。
今シーズンのプロ野球も盛り上がればいいなあ。

実際、日ハムの試合を見に行ったことはないのだけど、今年は行ってみようかなあ。
←人気blogランキングに参加してます

例の石原さとみの件ですが、
わたくしの見解としましては、やはり“ほっぺた”ではないかと……。

どうもこんばんは。
かめきゅいです。



ええ、石原さとみがなぜあれほど魅力的なのかという件です。


そんなわけで、
広末&くさなぎ「愛と死をみつめて」を見ました。
ええ、律儀に2夜とも。

FF12でこんなに忙しい時期に、
なんでこんな古臭いドラマを見てしまったのか……。





なんつーか、
純愛物で、そのうえ主人公が死ぬ話で、
ここまで感動できなかったのは初めてかもしれません。


日本中が涙した、みたいに煽ってたから期待していた分だけ、
余計に感動できなかったのかもしれないけどね。


いや、まあ、なんでしょうね。

ストーリーというか、その、主人公のキャラクター、みたいな部分を、
めちゃめちゃ胡散臭くて気持ち悪いと思ってしまった。

クサナギ君が演じていた主人公のマコが、ただのおかしな人にしか見えなくて、むしろ見ていて不快だった。

このドラマを素直に良いって言える感覚が今ひとつわからないです。
日本中が泣いたって、マジで?


いや、
単純に今回のドラマの演出とか脚本とかの部分でダメだったのかもしれないけどね。

俺はこのドラマしか見ていないけれど、
本当は、この物語自体は、もっととっても気持ち悪くないのかもしれない。
原作の、実際に存在していたマコは、もっと気持ち悪くないのかもしれない。

それは、確かにそういうこともあるかもしれない。

それに時代が違うから、今の感覚だとおかしいと思っちゃうことはあるはずだし。

俺は、なんかスタートのところでつまずいてしまってそれから先まったく楽しめなかったけど、
素直に物語に入れたら、気持ち悪いとか思わなかったかもしれない。



……と、他にもいろいろなことを思いました。

いろいろなことを思ったのですが、
それ全部書いてたら結局なんのことかわからなくなるし、
自分自身今ひとつ整理できないし、
まあ、ドラマを見てない人にも見てる人にも、上手く説明できる自信はないし、
それにそもそも、ちゃんとしたレビューを書こうと思っているわけではない。


なので説明は省いて結果だけを簡単に述べると、こーゆうことなのかなあと。



不器用に真っ直ぐ人を好きになる。
それは、純愛に違いない。

違いないんだけど……

つまりそれって、ストーカーの恋が成就したら純愛、ってことでしょ。


俺はやっぱり、ストーカーをキモチワルイと思ってしまうのです。
ストーカーにストーキングされて、その上で「こんなに愛されているなんて幸せ」と思える女をキモチワルイと思ってしまうのです。

いや、まあ、このドラマの場合はその通りピッタリ当てはまりはしないのですけどね。
別にストーキングしてないし。

でも、本質は一緒だよなあと思うのです。



まあ、つまり、そんなひねくれた視点でこのドラマを見てしまった俺に問題があるのです。

そんなひねくれた視点で序盤を見てしまったために、
後半の、その、心の支え的な、純愛的な部分が、全部胡散臭く見えてしまったのです。

つまり、そーいうことなんです。



←人気blogランキングに参加してます

っつーか寒すぎますから昨日から。
ほんと、泣きそう。

今日、引越し業者がダンボールを届けてくれました。
小物は自分でまとめなきゃいけないのです。

お詰めなさい!!(釈由美子)(なぜ?)


かめきゅいです。


そんなわけで、久しぶりにジャンプレビューでも書いてみっか。



・ブリーチ
セーラー服メガネのリサたんが活躍しそうだねえ。
そりゃ、他のメンバーに比べたらねえ、活躍すべきだよねえ。
キャラが、もう、オサレど真ん中だもん。


・アイシ
さあ、ヒル魔の狙いはなんなのか。
奇跡を起こさなきゃ勝てない相手。
きっとどうやって奇跡を起こすのか考えてるんだろうなー。ヒル魔は。


・ワンピ
サンジ君、だらしねー!!
と思っていたら、かっこいー!
騎士道!騎士道!

チョッパーさんとナミさんで勝てるかどうかってのは微妙かもしれんが、頑張ってください。
あと、ルフィの必殺技はほんとどうなってるのかしら。


・テニプリ
眼力(インサイト)ここに極めり!
って中学生が言うか?言うのか。言うよね。テニプリだもんね。
タイブレークで89-89とかね。
で、結局は先に立ち上がった方が勝ちという、天下一武道会。


・メゾン・ド・ペンギン
表紙で大爆笑してしまった。このマンガ、打ち切られないでほしい。
絶対に、終らないで。


・太臓もて王サーガ
「強引にコンバインするイベント」
「体育館の床の木目が女体に見える場所を書いたメモ」
「先パイのパイ先が!?」
「フフフフ……ファーッハッハッ完璧だ!!」
「半濁音より濁音のほうがお似合いよ!」「えらいわ、よく言い止まった!」
他多数。
今週もかなりの粒ぞろいでした。
特にツッコミ系の叫びセリフが秀逸なの多かった。

「チクショ――あたしだよ!」
「ええ~~!?だ―――れだァ!?」
「オギャ――――!!?」


・デスノ
ニアの名前を書くためには、魅上の目が必須。
けれど魅上は新幹線で……?
いよいよ、終りますねえ。


・ボーボボ
ろくでなしパロディはさすがに面白かった。


・ジャンプ魂
しょこたん2コマのツキミちゃんネタに笑ってしまった。


・ジャガー
あ、大好きだわ今週のジャガー。
最後のページが最高に良かった。しゃっくの「正直見損ないました!!」

今後ホワイトデーはチョコもらってる人間に白々しい態度で仕返しする日に決定。




――と、そんな感じのジャンプでした。
やっぱディグレが無いと寂しいね。とっても寂しい。

っつーか、このジャンプレビュー本当に呼んでないヒトのことなんて何も考えてないっすよね。
このブログ読んでいる人の中で、ジャンプを読んでいる人はきっと一人もいないだろうに。
←人気blogランキングに参加してます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。